<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
これはカッコイイやね
c0024020_234238.jpg
c0024020_2343857.jpg
50年代のコルベット、ん~、アメリカングラフティ、オーナーは絶対にロッケンローラーでしょうね。

私も一時期70年代のコルベットスティングレイにあこがれました。
あの、「コークボトルライン」のヤツですね。





c0024020_2345297.jpg










c0024020_235652.jpg

by ori2yellow | 2006-06-30 00:00 | クルマ
朝いちの苦笑い
お?
c0024020_23104727.jpg
ん~、まだ売れないなあ。
c0024020_23112491.jpg

by ori2yellow | 2006-06-29 00:00 | バイク
さにあらず
うお!?MG-TDだ。すげー!!
あれ?TD2000

よく見たらサスが赤い。調べてみたらMG-TDのレプリカモデル。マレーシアで作っている現行モデルなんですって。エンジンはトヨタだそうです。
c0024020_22243031.jpg
イギリスという国はすごくて、どんな古いものでもレストアできるお国柄。本物のMGだってベースさえあれば立派に走る車に再生できます。古いミニなんてちょろいもんです。あ、もちろん時間とお金に余裕のある人の話。レストアはお金持ちの趣味です。以前、クラシックカーズなんて本を年間購読でイギリスから取り寄せていたことがあります。真中閉じでは無い立派な雑誌で広告も時計や宝石など一級品の物ばかりでした。
c0024020_2223518.jpg
私のような貧乏人はせいぜいパーツリストを眺めて楽しむのが関の山。ミニのパーツリストはもちろん何冊も持ってますが、引越しの整理で出てきたこんなものをお披露目してみました。
by ori2yellow | 2006-06-28 00:00 | クルマ
そして現在
c0024020_2132873.jpg
新木場にはたくさんの材木問屋さんが倉庫と製材所構え、その周辺は木の香りが漂います。
c0024020_2132229.jpg
しかし、ここもご時世。隅田川から荒川河口に移された貯木場は、流通の変化とともに機能しなくなり、ただの筏置き場となっている場合もあるそうです。
c0024020_21323962.jpg

by ori2yellow | 2006-06-27 00:00 | ご近所の話題
伝統
地下鉄東西線木場駅近くにある都立木場公園。江戸時代から昭和40年代まではその名のとおり、貯木場でした。しかし、だんだん陸が東京湾に伸びて行き、その役目を果たせなくなり、貯木場は現在の新木場に移転。材木屋さんもたくさん移動しました。
c0024020_21331556.jpg
c0024020_21332448.jpg貯木場を埋め立てた後にできた木場公園には、「角乗り」練習用のプールがあり、夏になると地元の保存会の人たちが毎週練習してます。

「おうおう、それじゃあ、おっこっちまうぜ。」
教える大人の口調はもちろんべらんめえ

今日はこんな人がテレビの取材で来てました。

c0024020_21333671.jpg

by ori2yellow | 2006-06-26 00:00 | ご近所の話題
ん~?これはどうなの~?
京爆。さんのところで話題になってた「スパークリングカフェ」を飲んでみました。
炭酸入りコーヒーではなく、コーヒー入り炭酸飲料なんですと。
コップに注いだ見た目はコーラ。でも…。
c0024020_2221578.jpg

そしてもうひとつ、「キットカット杏仁デザート風味」。
白くてホワイトチョコレートに見えますが、なぜか杏仁豆腐の味がする。
これも…。
c0024020_2222578.jpg
私、音楽とバイクと食べ物に関しては、なんでも一度は試してみたい性分。まあ、今回も社会勉強ということで…。
by ori2yellow | 2006-06-25 00:00 | 食べ物
うそっ!?
c0024020_22513556.jpg「アニキ~、ヒロシ君の新兵器ッス。かっこいいッスね。」
「ちょっと、貸してもらったぜ。これは丈夫そうだな。」
「そうッスよね。アニキはスポーク折ったことあるんッスよね。」
「おう、ペダルの根元が折れたこともあるんだ。」
「そうそう、安物はクランクとれちゃうんッスよね。」
「そうじゃねえよ、もっと根元から折れたんだよ、パチンコ玉の小さいのが出てきたぜ。」
「ア、アニキ、それってまさかクランクシャフトが折れたってことッスか?」
「おう、2回も折ったぜ。」
「2回って…。」
c0024020_22232822.jpg

by ori2yellow | 2006-06-24 00:00 | アニキ
ちょっきゅう?
c0024020_20572119.jpg
「なおきゅう」のラーメンが食べたくて新木場までチャリチャリ。

銀座数寄屋橋の交差点にある阪急の地下に本店があります。昔ながらの「中華そば」。「シナソバ」に近いかも。

トリガラだしの濃い口醤油。今流の豚の背油が浮いた醤油豚骨ラーメンとは大違いで、かすかに浮いた油はさっぱり系。スープはしょっぱいので全部飲めません。東京の味ですね。

ラーメンは¥400。今日は小丼とセットで¥650でした。新木場のガード下にあると、サラリーマン相手の「駅ソバ」風の店ですが、銀座の店ですと「きれいなおねえさん」も普通に入って餃子セットを食べてます。

新木場まで行ってラーメンの写真しか撮ってこなかったわけではありません。そちらは後日。
c0024020_20573269.jpg

by ori2yellow | 2006-06-23 00:00 | 食べ物
うまくできてるわ
最近はチャリにもディスクブレーキが付くようになりました。電脳君が乗ってきたマウンテン。
c0024020_22482784.jpg
ワイヤー式のブレーキシステムですが、普通の街乗りだったらこれで充分ですね。油圧式よりメンテが楽でしょ。バイクのクラッチレリーズと同じようにリンクレバーでセンターシャフトを押し出す方式。キャリパーがフローティングマウントになっていて奥のパッド側に何かしらのスプリングが入って押し戻すんだと思います。ばらしてみたいですね。
c0024020_2248404.jpg
私が初めてチャリのディスクブレーキを見たのは20年位前。

当時BMWの純正部品を作っているマグラの製品を輸入していました。マグラのセパハンやレバーは当時の日本製とは比較にならないほど高品質。今ではゲンチャリのレバーだってちょっと曲がったくらいでは折れなくなりましたが、当時はコケルとすぐにポッキリ。ところがマグラ製は曲がったまま折れないので、ツーリングへ行く時に予備を持って行かなくてもすみました。純正を外してマグラ製に換えたりしたのです。

あるときマグラの新製品ということで一個だけサンプル輸入。バイクと同じ油圧式でした。しかし、元々バイク用品屋なので使い道もわからず、その後どうしたかは忘れました。今の物と多分同じ方式でしたが、当時はマウンテンバイクというものが存在せず、ロード一辺倒。カンパとデュラエースが頂点だったのは今と同じです。リムで止めるサイドプルが主流で、性能もシマノのほうが良かったでしょうね。

今のディスクブレーキはとても簡素な構造で正確。乗ってみましたが良く効きました。簡単にジャックナイフできる。
by ori2yellow | 2006-06-22 00:00 | 乗り物
魂の叫び?
トガワ氏に教わりました。「ゲルマン魂」という言葉は現地には無く、日本人が作って勝手に言っているだけなのだそうです。
c0024020_2151338.jpg
今日、アマゾンから届いたのはシュガーランドという名のバンドのCD。カントリーの新星。グラミーやミュージックアワードに出てました。なかなかカッコイイので銀座のHMVに買いに行ったのですが、置いてない。キースアーバンやフェイスヒルはあるんですけどね。今回のはアメリカから直送でした。

普通の人が想像するカントリーのスタイルは、バイオリン、バンジョー、ピアノなどの伴奏で、あのコブシを効かせたような独特の節回しを鼻に掛かった発声法で歌う姿だと思います。今でもそんなデキシーっぽいのもありますが、それをベースにしたポップロックの方が主流。

西部開拓時代、人々が西へ西へと向かい、それに合わせて楽器も移動。音階の基本であるピアノも運ばれました。しかし、ピアノはあるものの、調律師が居ないので、チューニングは狂ったまま。そこから、あのカントリー独特のメロディラインが生まれたそうです。言ってみれば調子っぱずれの音楽なわけです。

フロティアスピリット」という言葉は本当にアメリカにあるのだと思いますが、今のアメリカの若者もカントリーなんて、そんなに聞いてないんでしょうね。ダンスミュージックやラップばっかりで。

「バカモーン!!カントリーはアメリカ人の心だぞー!!」
by ori2yellow | 2006-06-21 00:00 | 音楽