カテゴリ:九州行ってきました( 8 )
この話題を忘れちゃいけません
c0024020_18511024.jpg


九州レポートでコイツの話もしておかなくてはいけません。博多へ到着後すぐにレンタカーで伊万里に向かったのですが、途中でおなかがすいてきて何か食べようということになり、お店を物色。結果として幹線通り沿いに2日間で3店舗ほど見かけたうどん屋さんに入ってみました。ちょっと東京と違うのかな?

大きく違っていました。薄味のお出汁に麺がどっさり、間違いなく2人前はあります。ごぼう天とか肉味噌をトッッピングしてみる。うまいですねごぼう天。薬味のネギは入れ放題。

麺は茹で加減が選択できますが、標準タイプを選ぶ。しかしこの「普通の茹で加減」、我々の認識とは大きく違い、東京や讃岐うどんの常識から言えば明らかに茹で過ぎ。麺自体にコシが無いわけではないので、すいとんに近い食感と思ってください。うどんの茹で加減に差があるとは、そこへ行ってみないと分からないものです。

麺の量が多すぎてお汁とのバランスが悪くなるので、別に蕎麦湯入れみたいな容器にスープを入れて持ってきてくれます。薄味なのでごくごく飲むのもうまいです。

旅行の時は少ない時間でたくさんの種類のものを食べたいので、普通盛りを注文。大盛りだとすり鉢みたいな大きい器で出てきます。現地の人はプラスしてお稲荷さんとか付けるそうで「付けますか?」と最初に聞かれました。付けなくて良かった~。腹パンパン。おいしかったですよ~。

c0024020_18512379.jpg
c0024020_18513454.jpg


More
by ori2yellow | 2009-02-21 00:00 | 九州行ってきました
殺人事件は起こらなかったですけどね
c0024020_2235151.jpg

「あら、下関はちょっと遠いね。」
「どうしよか。」
「じゃあ柳川行ってみる?」
「柳川ってなにかあるの?」
「2時間ドラマファンの私に任せなさい。」

大宰府で遊びすぎて、予定していた午後の下関行きがちょっと厳しい状況。夜8時までに空港へ戻らなければならないので急遽柳川へ行き先変更。ナビを見ながらレンタのカローラで走ること2時間。

水郷の町柳川へ到着。二時間ドラマでは、よく水死体がお堀に浮くところです。コタツ船の遊覧は30分コースで¥1000也。








北原白秋の生地でもある当地は有明海に面する福岡県。福岡県が有明海にも接しているのは意外な感じがします。広いのね。


コタツに入らなくても全然寒くない穏やかな日で気持ちよかったです。
c0024020_22353025.jpg
c0024020_22354989.jpg


柳川といったらやっぱり柳川鍋でしょう。っということで柳川鍋を注文。うなぎと柳川鍋を出す店が多いそうですが、実は柳川鍋は江戸の柳川という店が出したことから広まったという説もあるそうです。大きくて開いたどぜうが入ったおいしい鍋でした。
c0024020_2236530.jpg
サイドメニューをひとつ追加。食べたことありますか?「ワケの味噌煮」というイソギンチャクの料理。これがうまかった。歯ごたえがあって、かに味噌に通じるワタの入ったもの。これは地元ならではの料理ですね。
c0024020_22361885.jpg

by ori2yellow | 2009-02-15 00:00 | 九州行ってきました
防人の詩は聴こえたか
c0024020_22122666.jpg

二日目の朝は早く起きて、一番に大宰府へ向かう。もちろん目標は大宰府天満宮。ご存知、全国にある天神様の本家。祭られているのは菅原道真です。学問の神様。

博多から車で1時間弱でした。





















c0024020_22124339.jpg
c0024020_22125576.jpg
「飛び梅」のつぼみが少しほころんできていて、まさに「東風吹かば…」の雰囲気です。

天神様のすぐ隣に九州国立博物館があり、そこも見て来ました。「漢委奴国王印」初めて見た。レプリカでしたけど。ちっちぇ~。

うろうろしてたらあっという間にお昼。名物の梅が枝餅を買い食いしたり御土産屋さんをひやかしたり。ここは浅草か?
c0024020_22131061.jpg
c0024020_22132554.jpg

車で5分ほどのところにあるのが大宰府跡。広い野原になっていて子供が凧揚げしてたりキャッチボールしてたり。昔の柱の跡が残っているだけですが、良い公園になっておりました。
c0024020_22133965.jpg

by ori2yellow | 2009-02-14 00:00 | 九州行ってきました
プロをなめちゃあいけません
c0024020_2223512.jpg
c0024020_22232046.jpg

「屋台がいっぱい並んでいるところ行きたいんですけど。」
「あ…。ええっと…。そこの川沿いにも何件かありますけど…。」
「???」

博多の夜の楽しみはなんといっても屋台巡りです。しかし、ホテルマンに聞いてみるとなぜか口ごもる。ガイドブックに載っていた場所へ地図を見ながら行ってみると、そこは見事な観光地。この光景には一気に興ざめ。普段築地で見ている寿司屋の行列と同じである。

ここで食べて帰って「博多の屋台行ってきた。」とは口が裂けても言えないB級グルメレポーター。地元の人が使ってる店でなければ入る意味が無い。






博多の街中にはその場所でなくてもたくさん屋台があります。見てきた光景を毒づきながら三越前の一軒に入ってみる。地元の人が入っていて一安心。
「観光地」の感想を言ってみると大きくうなずく大将。「あそこは地元の人は行かない。ぼられる店もあるし。」だって。ですよね~。

ホテルマンも普通の店に入って欲しかったんですね。親切な人だ。
c0024020_22233442.jpg
ご夫婦でやっている店は入ってみると、本当に屋台かと思うほど普通の店っぽい。下を見てリヤカーのタイヤを見なければ分からないですね。毎日しまうんだって。
c0024020_22234887.jpg
初めて食べた焼きラーメン。豚骨ラーメンを煮詰めていったような味。うまい。
c0024020_2224139.jpg
もつ鍋1人前から注文できるのが親切なお店¥600也。これも豚骨ベース。他にレバニラ炒めも食べましがこちらも豚骨ベース。博多の基本なんですね。中身を食べ終わった後、「残ったスープにご飯入れて食べたいね。」と言ったら、「麺を入れるんだよ。」とご主人。ちゃんぽんの麺を入れてもらって再加熱。どれも「うまい、うまい。」を連発しながら完食。
c0024020_22241528.jpg


屋台2軒目
ホテルに帰りながら近くの屋台に入ってみる。ラーメンを注文。
c0024020_22244514.jpg
一軒目のご主人が「ラーメンもその店によって味が違う。」と教えてくれたのですが、ここのラーメンは女性が2人でやっている店のせいか、思っていたより相当なすっきり味。「本場の豚骨の方が東京の豚骨よりこってり」という定説も当てにならないことが判明。行って見なければわからないものです。
c0024020_2224597.jpg

by ori2yellow | 2009-02-13 00:00 | 九州行ってきました
Hakata dolls
「えんや~らえんやれこ…♪」

夜の中洲、橋の上で三味線の音に近づいてみると、こんな娘たちがパフォーマンス中。
和服姿にアフロヘア、民謡ベースのシャウトボーカルは前衛と言えるのかも。なかなか独創的で良い。ボーカルの彼女が喉を痛めていたのが残念でしたが、思わぬところで面白いライブが見られてうれしかったです。がんばれ若者達。
c0024020_2384676.jpg
c0024020_2385830.jpg
c0024020_2391452.jpg
c0024020_2392954.jpg

by ori2yellow | 2009-02-12 00:00 | 九州行ってきました
最近の人気者
唐津バーガーってのがあるらしいぜ。」
「ちょっと寄ってみっか?」

九州では佐世保バーガーの成功に刺激を受けて、「ご当地バーガー」が増えつつあるそうです。伊万里からの帰り道、おやつ代わりに食べてみる。

松林の一本道の駐車場で露天販売。注文して車のナンバーを申告しておくと車まで持ってきてくれる。
c0024020_2222877.jpg
もちろん初めて食べるのですが、これがなかなかうまい。テリヤキソースのチーズバーガー¥480也。なんといっても特徴的なのはパンがカリッと仕上がっている点。今まで食べたことの無いハンバーガーですね。ヒットの予感。
c0024020_22222169.jpg


c0024020_22223471.jpg



せっかくなので高いところも登ってみる。

唐津城は中がおなじみの展示物と一番上が展望台の天守閣。唐津湾が一望できて良い眺めです。























c0024020_22381977.jpg
c0024020_22383974.jpg


お城の中に展示してあった「ユルキャラ」三体。中でも一番右、辰巳のイメージキャラクターは最近人気急上昇中。写っているだけで笑いをさそう貴重な存在。
c0024020_2222455.jpg

by ori2yellow | 2009-02-11 00:00 | 九州行ってきました
いい仕事してました
博多から海沿いに南下。車で2時間半ほど走ると「伊万里」。九州へ到着してまず向かったのはここ。是非行ってみたかった場所。

鍋島藩の藩窯だった場所で、今でも世界語の焼き物の里です。
c0024020_22484198.jpg
c0024020_22485428.jpg
c0024020_2249839.jpg
手書きの図柄のマグカップが欲しかったので、色々見て回ったなかでこいつを買ってきました。ぼたんの柄は鍋島の代表的なものだそうです。
c0024020_22492870.jpg




c0024020_22494186.jpg



山間の一角すべてが焼き物の里。両側にびっしりと窯元が並ぶ地域は見て回るだけでも結構な時間が掛かります。何百万の超芸術品から我々庶民が買えるお手ごろ価格のものまでさまざま。たくさん見るということは目を肥やすには最適。勉強になります。
c0024020_2250026.jpg
c0024020_22501550.jpg
c0024020_22502685.jpg

by ori2yellow | 2009-02-10 00:00 | 九州行ってきました
カンツォーネ響く
c0024020_0585414.jpg

皆さんたくさんのコメントありがとうございます。

ミラノからちょっと足を伸ばしてヴェネツィアにも行ってきました。
明日から始まる新シリーズにご期待を。
by ori2yellow | 2009-02-09 00:00 | 九州行ってきました