これだけ歌ってくれればいいでしょう
Journeyの新譜を買ってみました。2枚組みで新曲がDisk 1で往年のヒット曲の新録音カバーがDisk 2。新しくも懐かしい、透明感に満ちたなかなかの出来栄えです。

私にとってはジャーニーといえばボーカルのスティーブペリーなのですが、この偉大なボーカリストは体調を崩してだいぶ前からグループから抜けていたのだそうです。クイーンと違い、ジャーニーは本物と似た声の人を選んできました。実は今度のボーカルはスティーブペリーの後任二人目なんだって。

でも、今度のこの人はただの代役ではありません、うまい!!声はホントにスティーブペリーに似ていて驚きです。黙って聴いていればほとんどの人は本物と思うでしょう。しかし、もっと驚きなのはスティーブぺりーと同格かそれ以上の実力があるということです。たまたま同類の声だっただけで、よく聴くとどちらもお互い以上に秀でたところがある。単なるモノマネとか代役と言ってしまってはとても失礼です。
c0024020_221113.jpg
この新ボーカリストの名前はArnel pinedaというフィリピンのバンドで歌っていた人。You-Tubeに載せてたのをたまたまジャーニーのメンバーが見ていて大抜擢されたのだそうです。

ヒットした曲のカバーを全部歌わせて新しいアルバムに加えたのを見れば、彼の実力が本物であって、決して代役ではないことをメンバーが認めている証拠です。世界は広い。
by ori2yellow | 2008-10-18 00:00 | 音楽


<< 泣ぐごはいねかあ~ ちょっとしたマニア >>