変革期
今日の発掘品はアディダスのスポーツバッグ。私が高校生のころはこんなのが流行りました。マジソンバッグとかね。知ってる?大学生になってからはモトクロスウエア入れにしてました。
c0024020_2172967.jpg
c0024020_217433.jpg元々はヨーロッパから生まれたモトクロス。語源はモーターサイクルクロスカントリー。アウトドアのクローズドサーキットで行われたスピードレースです。私が現役のころはジャンプはなるべく低く跳び、クラッチはスタート以外は使うなと教わりましたが、このウエアを着て中根たちと遊んだころの数年後では、アメリカンスタイルに変化してました。

テーブルトップと呼ばれる台形の大ジャンプや2連、3連といった高く跳ぶジャンプ台が増えたり、タイトターンで半クラッチを多用するライディングスタイルに変化しました。日本でも神宮球場や川崎球場でアメリカのスーパークロスが行われ見に行った記憶があります。

オリンピックのアイスホッケーなどを見てると、選手の防具に今でも北欧製のJOFAMA KOHOといったメーカーを見ることがありますが、昔はモトクロスライダーもこれらのメーカーのウエアを身に着けていたのです。RSタイチの吉村太一さんやSP忠男の忠さんが現役の頃です。

その数年後大流行したSINISALOを最後にモトクロスウエアもそれらのヨーロッパ製からJT ANSWER FOXなどのアメリカンブランド主流の時代へと変化していきました。今のは派手な色使いが多くてかっこいいですね。
by ori2yellow | 2008-05-11 00:00 | バイク


<< 潜入!!TBS そこは築地ですから >>