音あのとき
久保田さんに教わったアメリカのドラマを最近見てます「コールドケース」。アメリカには殺人などの重大事件に関して時効が無いのだそうです。昔の未解決事件をフィラデルフィアの女刑事が追っていくドラマ。本来は重く暗い内容なのですが、主演のこの人が一人輝きその暗さを払拭してます。かわいらしい女優さんですね。キャスリン・モリス

フィクションのドラマなのですが、しっかりした時代考証で登場人物のファッションや町並みを作りこんでいるのはさすがにアメリカ。お金の掛け方が違います。

そして何よりもグッと来てしまうのは、70年代80年代の事件を再現しながら、その設定年代のヒット曲がバックに流れることです。まるでプロモーションビデオを新たに作ったような錯覚に陥ります。今回の曲はドンヘンリーのThe End Of The Innocenceでした。「昔は良かった」という言葉は好きではありませんが、ついついその当時を思い出してしまいます。ジジイ。
c0024020_223869.jpg

by ori2yellow | 2008-03-03 00:00 | 音楽


<< 禁断の白い粉 良い時代でした >>