食べたことあるかな?
今はどうか分かりませんが、私が子供の頃、山の子の遊び場は山や川が中心。昭和も40年代になれば、食べ物に困るようなことはもちろんありませんでしたが、秋になりますと皆で山へ出掛けて野生の味を楽しんだものです。

あけび」という果物を知ってますか?ツルになる果物です。このツルを手工芸品として編んだりする人もいますが、山猿はそんなことは知っちゃあいません。毎年同じところになるのですが、日当たりなどの関係でいくつかのポイントには収穫時期に時間差があります。今週はあそこ、来週はあっちとスケジュールを決めておいて、後は野鳥との「戦い」です。おいしい頃を知っているのは鳥も同じ。

細い木に巻きついたツルが多いので、体重の軽い子供にはちょうどいい獲物。擦り傷だらけになりながら木に登ったものです。中の実を頬張り、クチュクチュやってから種だけをゴジラのように吐き出します。この時期だけ楽しめる大イベントでした。
c0024020_2240266.jpg
山猿も今はすっかりシティボーイなのでイトーヨカドーへ収穫に行きます。野生のものと違って実も大きく甘さも段違い。立派な「果物」ですね。野趣はありませんが季節だけは感じます。懐かしいですね。
by ori2yellow | 2007-10-29 00:00 | 食べ物


<< ほっとする人 「ららぽ」の悪魔たち >>