アン・ドゥ・トワ?
何度も言いますが、私はアメリカの音楽が大好きです。
この間の水曜日に見た「ビルボードトップ40」。トップ10の中の一曲に思わず釘付け。早速木曜の休みの日に銀座のHMVで買ってきました。

Colbie Caillatという女の子。アメリカのシンガーソングライターのようです。詳細はまったく知りませんが、まさに琴線に触れるというのはこういうことです。初めて聴いた一曲で迷わずアルバムを買って来ました。そして、想像したとおり大正解。ナチュラルで静か。力の抜けたボーカルはジェームステーラーが生き返ったかのようですね。ジェームステーラーまだ生きてますけど。本年度のグラニー賞を争う出来栄えです。すばらしい。
c0024020_21341233.jpg


ところで、ipod nanoのCM見ました?「ワン・ツー・スリー・フォー♪」と女の子が踊りながら歌っている曲を使っているのですが、こちらはFeistという人のその名も「1 2 3 4」という曲。おしゃれな曲ですが、最初聴いた時「フランス語か?」と思いました。アメリカンというよりはフレンチポップスの色が濃い気がします。この曲はコカコーラの一曲プレゼントでゲット。もうちょっと聴いてみないとアルバムまで買う気にはなれません。YouTubeにありましたので聴いたことがない人は聴いてみてね。こちら

いつも、私のインプレッションは先入観を入れないために、ほとんど何も調べておりません。あえて最初に聴いた印象だけを語りたいからです。したがって間違ったこともたくさん言っていると思いますので悪しからず。
by ori2yellow | 2007-09-30 00:00 | 音楽


<< 成分はなに? 作られた器量良しよりも >>