The Rose
以前から見てみたかった映画「The Rose」を仕入れました。
60年代のカリスマロックシンガー、ジャニスジョプリンの物語を私の大好きなベットミドラーが演じます。

シンガーとして成功していく中で、私生活では愛に飢え、精神的に追い詰められた果てにたどり着いたのは酒とドラッグ。それらのせいもあり、わずか27歳でこの世を去ってしまった伝説の人。破壊的と言えば良いのか破滅的と言えば良いのか、はっきり言ってめちゃくちゃ。

映画のストーリーそのものはそんな破天荒ぶりを描いているものの、暴力的な部分ばかりが目立ち、さほどのものではないですが、一番見たかった歌の部分ではさすがです。まだ若く、パワー全開のベットミドラーは見事なロックシンガーぶり。本物が歌っているようです。
c0024020_2264696.jpg
ベットミドラーは、ロックよりレビューやミュージカルっぽい歌の方が彼女のイメージとしてあるので、ロックを歌った姿はまた違った一面を見られてうれしいです。

先日、アメリカンアイドルの決勝戦でトリを取り、その時に歌ったのが下の写真右のBEACHS(邦題はフォーエバーフレンズ)のテーマ曲「Wind Beneath My Wings」。この曲はグラミーの最優秀も取り、ニューヨークテロの追悼コンサートで歌詞の内容を変えて歌われたほど、アメリカではスタンダードナンバーになりました。

残念ながら、先日のテレビでは喉の調子が悪く、今まで聴いた中で一番ひどい歌声でしたが、大好きな曲です。

映画としてはこちらの方がお勧めです。歌の部分も素晴らしいし、普通に泣けます。見てみたい人はお貸しします。
c0024020_227107.jpg

by ori2yellow | 2007-07-30 00:00 | 音楽


<< フムフム 走るかな? >>