やぶへび
「ねえ、ほんとに演歌好きなの?」と某氏。

私、今ではすっかりアメリカ人ですが、15歳までは猿でした。当然のように山村にはウエストコーストミュージックなんてものは存在しませんから、入ってくる情報は必然的にテレビ。今でもそうですが「歌のうまい人」を尊敬しているわけでして、実力派の多い演歌の人たちの歌を聞くのが大好き。子供の頃はそんな音楽番組をよく見ていました。
c0024020_21331354.jpg
先日録画しておいた美空ひばりの特番を見始めたら面白くていっきに見てしまった。写真のように子供の頃から歌っているのですが、この時点ですでに「うまい歌手」。いわゆる「歌の上手な子供」とは明らかにレベルの違うものです。司会の人々の大げさなコメントはちょっと鼻に付きますが、この天才シンガーの歌声はいつ聴いてもすばらしい。

ipodの中には今でも美空ひばり、笠置シヅコ、氷川きよしなど、クリスドートリーとはちょっと違う音楽も入っていますし、もちろんこれらの曲も歌えます。美空ひばり特番の後はベストヒットUSAを見ましたが私の中ではまったく矛盾してません。

ということで、寝た子を起こしてしまった某氏。今度は天敵ともいえるカラオケで、しかもまったく好みではない演歌メドレーを無理矢理に聴かされる羽目になってしまったのです。
by ori2yellow | 2007-07-15 00:00 | 音楽


<< 半日ずれたらね オバカでいいね >>