出世魚?
「京のぎんつば江戸に下りてきんつばとなりけり。」
大昔に読んだ時代小説で、江戸市中をお忍びで徘徊する将軍吉宗が京都で食べたぎんつばを江戸で食べて懐かしがるシーンがありました。
c0024020_2131644.jpg
餡子に白玉粉を付けて鉄板の上で焼く、ある意味究極の薄皮饅頭。アンコ嫌いの人からすれば拷問の道具に等しいかもしれません。

門前仲町は伊勢屋のきんつばは、暴れん坊将軍の時代、刀のつばのように薄くて丸い形だったそうです。江戸の屋台で人気を博した和菓子は、現代ではほとんどこの四角い形。うまいのよねこれが。
by ori2yellow | 2006-06-11 00:00 | 食べ物


<< 仕事の邪魔する素人 コイツは強敵 >>