厳しいのね
以前電車に乗ったとき、前の席に座っていた高校生くらいの男の子。首から下げたipodをしきりにいじくり倒してるのです。何してるんだ?と観察してると、どうやら聴いている曲をスキップしまくってるよう。その中に何曲聴きたい曲入ってるの?と聞きたくなりました。

そう言えば、私も昔はLPレコードの中の1曲が気に入って、その曲ばかり聴いていたことがあります。子供の頃は許容範囲も狭く、知っている曲も少ないので聴ける数が知れてるんですね。
c0024020_22334282.jpg
昨夜、テレビの「歌スタ!!」に大谷さんが出てました。先日この番組でスカウトした女の子に曲を書いてプレゼン。携帯用の着歌で2万アクセスがあったらメジャーデビューなんだそうです。実はこれは、先日ご本人に会った時に聞いたのと一緒の内容でした。

曲は初めて聴きました。ワンコーラスだけでしたが、大谷さんの曲は、いつもメロディがきれいで滑らか。ポップで解りやすい。ひいきめを差し引いても、小細工を多用せず、自分流のスタイルを持っているソングライターは支持できます。

昔、LPの中の1曲を選んで聴いたのが、今はもっと短くなり、1曲の中のワンフレーズくらいかもしれません。機械が進歩し、コマ飛ばしが簡単にできるようになったことで、より、若者の耳が育たなくなっているかもしれません。ビッグヒットが生まれないはずです。

残念ながら、オジサン着歌は、やり方分からないので、みなさん聞いてあげてくださいね。

ダウンロードはこちら
by ori2yellow | 2006-06-07 00:00 | 音楽


<< 星みっつですっ!! 時代は変わる >>