回らない…お寿司
c0024020_20524753.jpg「ソーダ水の中を貨物船が通る…」
         荒井由実

「現在過去未来あの人に会ったなら…」
         渡辺真知子

「道に倒れて誰かの名を呼び続けたことがありますか…」
         中島みゆき

「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」
         槇原敬之

今まで幾多の吟遊詩人たちにカウンターパンチを喰らってきました。








先日ノブヨシ君に借りた中に奥華子という人のCDがありました。
曲の良さは感じていたものの、最初はいわゆるアニメ声に聞こえてしまい、ちょっと引いていました。しかし、何回か聴いているうちに不思議な世界に引き込まれました。

ほとんどがピアノ中心の弾き語り。その独特の世界は、優しく透明な空気感とでも言いましょうか、聴き始めるとなんとなく最後まで聴いてしまって、いつの間にか終わっています。実に心地良い。

詩を理解しようと思い、集中を試みるものの、頭の中に入ってきません。もちろん日本語なので単語のひとつひとつが聞こえているにもかかわらず、いつの間にか集中力がほわっと、どこかへ行ってしまう。何回か聴きましたが、いまだに詩を理解してません。

良い音楽はまずメロディ。そして、だんだんと詩を覚えて中身を理解するという段階は、言語が何であっても変わりませんね。
c0024020_20525825.jpg
ちなみにテレビのCMで、「テップコひかりに決めたのは…。」と歌ってるのがこの人だそうです。
CDの中にはすっとぼけた内容の曲はありません。
by ori2yellow | 2006-05-26 00:00 | 音楽


<< 本当でした Singin' in ... >>