進化してたのね
私の子供の頃、そうです、ペリーが浦賀に来航したころです。東京の親戚が田舎に来る時、持ってきてくれたお土産には必ず「雷おこし」が入っていたものです。

もち米や小麦を油で揚げて、砂糖や水飴をまぶしたシンプルなお菓子。しかし、さすがに昭和も40年代になったころの小学生には、すでにそんなにおいしいお菓子ではなくなっていたのを憶えてます。子供の頃って、クリームやチョコを使った物や、駄菓子屋の人工甘味料、毒々しい色の人工着色料を使ったお菓子が好きだったりしますよね。
c0024020_22121390.jpg
レオの鈴木さんはミニカーだけでなくお茶菓子も得意です。特に東京下町で生まれ育った彼は「お江戸」っぽいお菓子をよく差し入れてくれます。今回は下谷の萬年堂というお店のおこし。今風にチョコ味。白いほうはホワイトチョコです。手前のは桜の香りのする桜飴。おいしかったです。ご馳走様です。
by ori2yellow | 2006-03-25 00:00 | 食べ物


<< 教わってはいるんですけど 死後の世界を信じますか? >>