フレディーマーキュリーと美空ひばり
美空ひばりを買ってみました。結構ディアゴスティーニ買ってる?でも、いつも初回だけ。

曲は歌謡曲ベースなので一回聞かせていただければご馳走様かもしれません。いまだにipodに入れて聞いているのは笠置シヅ子ですが、これをプロデュースした服部良一のセンスの良さを改めて認識したということは別として、歌のうまさはさすがに美空ひばりであります。稀代の大シンガー。天性のモノですね。
c0024020_21352257.jpg
先日広島の岩本氏に送ってもらったDVDのもう一枚は、ポールロジャース&クィーンのライブでした。

ポールロジャースはバッドカンパニーというブリティッシュロックのバンドで歌ってた人。私はパープルとツェッペリンを少し舐めたくらいで西海岸小僧になってしまったので、この人の歌をあまり聴いたことがありませんでした。

フレディーマーキュリー亡き後、グループの顔が抜けた影響は大きすぎます。ツアーやアルバム作りをしたくても、この個性の強い天才の代わりを見つけるのは至難の業。短絡的に考えれば似た人を探す方向に行きかねませんが、それをしなかったところが、この人たちのすばらしさ。ポールロジャースという天才ボーカリストは、見事に自分なりの解釈でクィーンの曲を歌いきってます。モノマネにならずに自分の色で表現する実力を持った、まさしく「本物」。聴く価値ありです。
c0024020_2136645.jpg

以前、10年ほど、夜のゴールデンタイムにNHKの歌謡番組をよく見る環境で生活しておりました。たまにやるのが「美空ひばりの歌コーナー」。歌うのは現在の日本のトップシンガーたち。残念ながらオリジナルを凌ぐ「本物」は聴いた事がありません。天童よしみでやっとまあまあ聴けるかなというレベルです。真似の域を出ないものばかり。しかも同等の位置にすら達しない。もしかしたら「それ風」に歌ってくれと言われてるのかもしれませんが。

オリジナルを歌う人がすでに存在せず、その人の曲を演奏してどれだけ人々を感動させられるかを考えた場合。やはりある意味、歌い手の実力、センス以外に無い。と言ってしまって良いかもしれません。

小林幸子が下手だと言っているのではありません。もちろん坂本冬美だって天才です。しかし、天童よしみですらポップスを歌わせたらベタベタですから。美空ひばりとはあまりにも役者の桁が違うということです。

「川の流れのように」を英訳してセリーヌディオンに歌わせてみたいです。もちろんプロデューサー以下、全部アチラのスタッフで。
by ori2yellow | 2006-01-15 00:00 | 音楽


<< 力技 これは難しい >>