Too hot!!
クリスマスということなので、今日は津軽三味線です。

津軽三味線の両雄、木田林松栄高橋竹三の2枚。前から欲しかったので、自分にクリスマスプレゼントということで買いました。なんでもあるんだねアマゾン。
c0024020_20571287.jpg
民謡は詳しくないので、純粋に感想を。

本来、民謡の伴奏。お囃子だった三味線を「前に出る」芸として確立させたのがこの人たちだそうです。昭和になってからの話。

三味線は、ソ連のバラライカやインドのシタールなどと同じ古典的アコースティックギターという点では共通。しかし、このフレットレスで大きな音の響かない3本弦のギターをここまで弾かれてしまうと、ロックファンもジャズファンも参ってしまいます。

同じ津軽三味線でも木田林松栄は伝統的スタイルを基礎にし、ボーカルも数曲入ってます。歌うは金沢明子。このシンガーもすばらしい。「いえろーさぶまりん」歌わなければ良かったのにね。

高橋竹三の方は、これはもう完璧にロックです。ボーカルの入る余地のまったく無いソロアーティスト。最初は前衛的で異端だったでしょうね。アドリブの展開といい、指の速さといい、これほどのギタープレイヤーは数が少ない。世界に誇れます。

地吹雪と荒れ狂う日本海が見えます。でも、とても熱い。音楽好きな人は一回聴いてみるべし。あ、クリスマスに聴かなくてもいいですけどね。
by ori2yellow | 2005-12-25 00:00 | 音楽


<< 鈴木時計店豊洲出張所 こうでねえと >>