ヤレ
「お?!いい具合ですね。」
「でしょう?」
達人です。
c0024020_23111552.jpg
c0024020_23112910.jpg
c0024020_23113844.jpg車が適度に傷んで来て、良い風合いが出てきた状態を「ヤレ」と表現する場合があります。

このビートルは先日のツーリングの時に赤城山の牧場のイベントに展示されていた車。コンテスト出品車です。

日本人は傷などが気になって、古い車をすぐにきれいに直してしまう人の方が多いでのですが、イギリスなどではよほどひどくない限り、そのまま直さないで乗る人も多いと聞きます。傷もその物の歴史であり、それも含めて愛するという考え方です。古いコノリーレザーがひび割れたシートを見てかっこいいと思う人も少なくありません。

このビートルのオーナーも、わざと直さずに、この車の、この風景を楽しんでいるのです。

この人は多分普段使いには、別の壊れない車を使っていると思いますが、それが軽自動車であろうとBMWであろうと関係ありません。

この錆の出た車を大事に整備してるはずですが、そのそぶりを見せず、ほったらかしにしている「ふり」をしているのです。それがってもんです。

この車がと言うよりは、この車を愛せるオーナーの「心の余裕」がかっこいいのです。
by ori2yellow | 2005-10-20 00:00 | モノ


<< やっぱり目黒はサンマでしょ ジョーウォルシュはやっぱり天才だ >>