こんなの知ってますか?
お宝ボックスをひっくり返していたらこんな物が出てきたのでちょっとご紹介。
c0024020_2158569.jpg

説明するまでもないと思いますが、これはキャブレターです。LECTRONと言いいます。別にフツーじゃんと言うなかれ。PWKやFCRなどで、今でこそ当たり前になったフラットキャブの元祖なのであります。1970年後半から80年に掛かるころの物です。

フラットキャブの理論を簡単に言いますと、円形のスロットルバルブに比べて吸気口と排気口の距離が短くなるので、その分混合気の流速が速く、アクセルに対してピックアップが敏感に反応でき、結果としてパワーを上げることが出来るというものです。

AMAのダートトラックレースで、並み居るハーレー軍団を向こうに回し、ヤマハXSで孤軍奮闘した、あのケニーロバーツも開発に参加したと言われるものです。もちろんここに登場のケニーはキングケニーのことです。今の息子ではなくトーチャンの方ですよー。

メインジェットもスロージェットもエアスクリューもありません。かろうじてアイドリング調整用のネジとチョークはあります。ニードルジェットが一定で、そこをスライドするニードルの番手だけでセッティングするという荒業は、ダートトラックならではというべきでしょうか。前開と全閉しかないともおもえませんが。セッティングには相当苦労する代物だと聞いたことがあります。もちろん私は試したことがありません。

吸気口の形がファンネル形状になっていることから4サイクル用です。30という数字が見えるので30ミリキャブ。スカラベ250かGTにぴったりですね。どう?チャレンジしてみる?
by ori2yellow | 2005-01-12 00:00 | バイク


<< ではこれならどう? ボケ具合が少しだけステキです >>