葱と蒟蒻下仁田名産(上毛かるたより)
c0024020_0122527.jpg

葱、ねぎ、ネギであります。下仁田葱であります。群馬の誇りなのであります。

群馬県人がこよなく愛し、これを貰ったら日本人はだれでも狂喜乱舞するものと信じきっております。これを嫌いな人など居るはずもなく、ましてや迷惑がる人がいようなどという疑いは微塵も持たない食材です。

写真は正月帰省したとき持ち帰った「母の愛」。もちろんその息子は大喜びで幸せにひたったのです。

先日、トガワ氏が「白くて太いネギ貰っちゃってさあ...。」と、困惑した表情でした。
おそらく彼のそれは、私が味噌カツを食べる時のそれとさほど変わらないものでしょう。

人の育った環境や食文化の違いは時としてまったく違った結論を導き出すものです。

日本も結構広いのです。
by ori2yellow | 2005-01-06 00:31 | 食べ物


<< こんなのもありかも にゅうようくにいきたいかぁ~!! >>