勲章
インディーズと呼ばれるCDを電脳君がいくつか貸してくれました。ほとんどパンクロックです。いい曲がいくつかあったりして、それなりの出来のものもあります。

中にひとつ、こんなのもありました。昭和の歌謡曲をカバーしているのものです。太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、森田健作の「さらば涙と言おう」果ては美空ひばりの「川の流れのように」などです。これがもう、何のアレンジも無く、ただガチャガチャとアップビートにしただけのバックと、ただ怒鳴っているだけのボーカル。センスもヘッタクレもあったもんじゃない。
c0024020_21155588.jpg

彼らのほとんどは、いずれ田舎に帰るか、そのまま東京に根付き、普通に就職して普通のオトナになることでしょう。

イイゾーワカゾー達!!夢を追い求める無駄な努力は若者の特権だ。オジサンはうらやましいぞー!!。

将来自分の息子が出来たら胸を張って自慢してくれ。
「トーチャンは昔なぁ…。」
by ori2yellow | 2005-05-31 00:00 | 音楽


<< その設計思想やいかに これは大変かも >>