Granny Awards 2010
今年もやってしまいますグラニー賞の発表です。毎年私が初めて聴いて感動した音楽を、何の根拠も無く勝手に称えます。
c0024020_134874.jpg
まず、ワールドミュージック部門です。Anuhea、かりゆし58、植村花菜、シャリースの4組がノミネート。Anuheaはハワイの人、ハワイアンにレゲエのスパイスをちょこっと足した感じでとても聴きやすい穏やかな音作り、私の大好きなコルビーキャレイにも通じるところがあります。シャリースはフィリピンの女の子であの超有名プロデューサー、デイビッドフォスターが先日の日本ツアーに連れてきたというとても上手なまだ10代の子。トイレを磨いてべっぴんさんに育った植村花菜ちゃんもすてきですが、今回の最優秀はかりゆし58に決定。沖縄音楽をベースにちょっとレゲエ風味、心に響く歌詞がとても素敵ですね。それとボーカルのうまさは特筆物でとても心に沁みます。
c0024020_13483189.jpg
そしてグランプリノミネートはCrystal Bowersox、Lee DeWyze、Kings Of Leon、30 Seconds To Mars、Alpha Rev、Bianca Ryanの6組。Crystal BowersoxとLee DeWyzeは今年のアメリカンアイドルの優勝と準優勝者、つい最近アマゾンから届いたデビューアルバムですが、カントリーロック大好きオヤジにはお気に入りの2枚になりました。Kings Of Leon、30 Seconds To Mars、Alpha Revの3組は私の大好きなストレートロックンロールバンド。まあ、平たく言ってしまえばU2の流れです。そして、先に取り上げたフィリピンのシャリースとよく比較されるBianca Ryanですが、こちらもまだ10代のヤンキーガール。年齢関係なくすでに立派に出来上がった超一流の実力者、このうまさは信じられません。

そしてグランプリはこの人、Crystal Bowersox。この人は今年のアメリカンアイドル準優勝者。コンテストの早い段階で抜群の完成度と芸術性を披露していた人でメジャーデビューを待っていました。カントリーベースのロックはブルースの色もちょっと足していい雰囲気、初めて聴いたアルバムなのにすうーっと入ってきます。すでに私の中ではボニーレイット、シェリルクロウ、KTタンストールに次ぐお気に入りの女ロッカーです。

実は最近、テレビから入ってくる音楽情報が少なく、YOU-TUBEから発見した話題も多いです。シャリースやBianca Ryanなどは正にそれで、偶然見つけました。大好きなベストヒットUSAもマイケルジャクソンやビートルズの話題が多くてちょっとげんなり。いかにもオッサン向けに編集してます感がぬぐえない。若者が当てにできないのはどの市場も同じなんでしょうか、残念ですね。若者よもっと音楽を愛しておくれ~。オッサンのお願い。
by ori2yellow | 2010-12-25 00:00 | 音楽


<< 新兵器 京都人がさっぱりしたもんしか食... >>