Granny Awards 2009
今年もやりますよ~。第4回グラニー賞の発表です。毎年私が初めて耳にし、感動した音楽に対して称える賞です。何の根拠もありません。
c0024020_22182726.jpg


まず、World Music部門。エントリーは、いきものがかり、Superfly、Tere Chehra、Susan Boyle、彭佳慧、さくら まや、の6組。若者に人気の日本のグループとインド、中国のアーティストも入れました。スーザンボイルはご存知yu-tubeのシンデレラおばさん。いい声ですね。

最初に生き物係のリードボーカル吉岡聖恵ちゃんに最優秀歌唱賞を差し上げます。まず、基本が出来ていてるのが最近の若い子には珍しいし、すばらしい物を持ってます。「オメーが言うなよ!!」と突っ込みが入るかもしれませんが、ただ音域が広く、高い声が出るだけが歌ではないという証明をしてくれました。これが歌唱力、表現力というものです。

そして、World Music部門の最優秀賞はアキバで買った訳の分からないCD、Tere Chehraに決定。なにやら映画音楽を集めたらしいインストアルバムですが、ロックっぽいものからクラシックぽいものまで幅広くてセンス抜群の一枚です。ただ、どこまでがアルバムタイトルで誰のアルバムかがまったく分からないのが残念。


メインのGranny Awardsはと言いますと、ノミネートされたのはAdam Lambart、Chris Sligh、Melody Gardot、Lady Gaga、Justin Nozukaの5組。アメリカンアイドル出身のクリススライは去年のトップ10に入ったもののどちらかというとルックスはあまり良くない太った白人青年。見た目より細い声ですが、ポップは仕上がりは私好み。大人気のレディガガとジャズの風味満載シンガー、メロディガルドーも最近のお気に入りです。

そして、グランプリはこの人、今年のアメリカンアイドル準優勝のアダムランバートに決定!!
去年のグランプリ、大好きなコルビーキャレイと比べたら八ヶ岳高原と夜の歌舞伎町くらいの差がありますが、好みは別にしても出来の良さは今年聴いた中ではピカイチ。グラムロックっぽい濃さから綺麗なスローバラードまでを見事に表現しています。大仰で芝居がかったところもあって、それが許せない人もいるかもしれませんが。彼の実力は並ではありません。世界トップレベルの歌声は文句なしの一枚です。是非聴いてみてください。
by ori2yellow | 2009-12-24 00:00 | 音楽


<< ボクの夏休み 力強い >>