持ち主はどんな人?
c0024020_22375958.jpg

通勤途中のトヨタディーラーに置いてある車を失礼して撮ってしまいました。
通称「観音開き」と呼ばれるクラウンです。後ろと前のドアが真ん中から両方向に開きます。ちょうど今のマツダRX-8と同じ方式です。今はセンターオープンと言うそうです。
国産の古い車はあまり詳しくありませんので、ちょっと調べてみましたら、1960年より前の車のようです。排気量は1900cc。当時は相当の高級車だったことでしょう。

ナンバーは品川とか足立の区別もなくただの「5」が一桁。その次に4桁番号だけです。昔のナンバーがそのまま付いているのがすごいです。助手席の上に「サービス預かり」という札が置いてありました。今までどうやって維持されてきたのでしょう。よほどの情熱か、あるいはお金持ちで無い限り不可能ですね。
by ori2yellow | 2005-03-27 00:00 | クルマ


<< 1960年前後のことです なぜか >>