正体見たり
数ヶ月前、業界の噂で「ホンダが小さくてスポーティな250ccスクーターを出すらい。しかも価格が40万円台に…。」という話が飛び交いました。

そして、その答えがこれ。フェイズという名の新型は¥577500也。

一時期はスタイルと操縦性でイタリア物をしのぎ、価格で台湾製の存在意義をも吹っ飛ばしてしまうのではないかと心配する向きも多かった代物。

乗ってみたわけではないので、そのポテンシャルは計りかねますが、少なくとも成川さんも台湾製バイク輸入各社もまったく心配要らないでしょうね。

これが日本市場で受け入れられるスタイルで、我々イタ車乗りの趣味が変わっているのかもしれませんが、一番がっかりなのはそのスタイルと大きさ。隣のフォルツァとほとんど同じサイズなんです。これはイカンでしょ。
c0024020_2136027.jpg
いかにも若者が足を前に投げ出して乗りそうなスタイル。
c0024020_2136920.jpg
オーバーハングを極力抑えたリアのまとめ方はなかなかスポーティでいいと思います。フェンダーレスにしてしまう人が出てくるでしょうけど。
c0024020_21361787.jpg
やはりリアに比べるとフロントが気になります。ハンドル周りにこれだけボリュームを持たせる必要があったんでしょうか。潔く最小限の面積に抑えて、部品点数を減らせば価格も抑えられたのに。
c0024020_21362731.jpg
残念な部分の原因はほとんどこのバイクのシャーシが大きい所にあります。。なんでもフォーサイトのフレームがほとんどそのままなのだそうです。フレームを新設計するのにはお金が掛かるのでしょうが、ホンダがどこへ行こうとしてるのかが分からない。色も白、黒、青、と極めて保守的でつまらないし。
by ori2yellow | 2009-07-10 00:00 | バイク


<< まあ、人の意見は聞くもんです チューン >>