GP800について
今回のツーリングの相棒はGP800、初めてのロングツーリングが往復2000kmというハードラン。細かいことは店のhpでレポートしようと思います。

帰ってきて一番感じたのは「思った以上にラクチン」でした。150km/hから加速できる余裕のパワーとスピードは、高速道を長い距離走っても退屈しないし、精神的にも疲れません。今回のような距離を乗るのは10年以上前に広島へ行った時以来ですが、400ccで西へ向かった当時から比べても疲労度は軽い気がします。広島の方が青森より遠いですけどね。
c0024020_21295585.jpg
GPにはトップケースを付けていませんが、三日分の着替えをシートの上に縛っていけば余裕でした。トップケースをつければ無敵ですね。燃費は良く、リッター20km以上は確実に走ります。今回は平均で22km以上走りました。同行の皆さんが4回入れるところを3回の給油で済む感じ。
c0024020_2130780.jpg


ワインディングも初めて攻めました。大きなコーナーはパワーでブインと行けますが、タイトな峠道はネクサスのようには行きませんでした。最初は車重とエンブレの無さに戸惑ってしまいましたが、下北半島を半分以上走った頃にはトラクションを掛けるコツをつかんで結構なペースで走れるようになりました。次は伊豆かな?
c0024020_21302034.jpg

by ori2yellow | 2009-05-12 00:00 | バイク


<< 食べ物か? 田舎へ泊まろう >>