良い子悪い子普通の子
c0024020_21554259.jpgバイクの魅力のひとつに「不良っぽさ」という要素があることは否定できないと思います。本物ではないけどワルっぽさに引かれてカワサキのバイクに乗ってる人は結構いるのではないでしょうか。

かく言う私もカワサキ乗りではありませんが、反社会的なことに喜びを感じてうれしがっている部分は多々持っていると思うのです。

痛風になりそうな食べ物が大好きだったり、生キャラメルを「まずい」と公言したり、辰巳で一番オサレな男をつかまえて「ユルキャラ」と言い放ったり。

そんな不良な大人にとって、地球に優しいとかエコとかというキーワードは一種のタブーのようなもので、なんとなく避けてきた道です。




「ただの興味本位なんですけど乗せてくれますか?」

っということで、話題のハイブリッドカー、ホンダインサイトに乗ってきました。

これが思ったより面白い。少なくともトヨタのIQよりは数段良い。最初はエンジンで、スピードが乗ってきてアクセル一定になるとモーターがアシスト。そしてブレーキを掛けると充電しながら減速し、信号待ちではエンジンストップ。発進しようとしてブレーキペダルから足を離すとエンジンがプルンッ。

一連の動きがほとんどギクシャクなく乗れるのがお見事。「へえ~。」って感じ。

足回りは硬めで、ヨーロッパ車と同じ位かな。昔のシティとかを思い出します。ファミリーカーっぽくないのが良い。メーターがエコ色に光ったりアシスト具合を針で示したりとバイクのようなギミックっぽいところが「英語教室で遊んでるふりして勉強させられる子供」みたいで楽しいかも。

「プリウスに乗ってると頭良く見える」みたいな感覚にちょっと違和感のある人間にとっては面白い体験でした。
c0024020_21555743.jpg
c0024020_2156947.jpg

by ori2yellow | 2009-03-06 00:00 | クルマ


<< ぶらり途中下車の旅 これは教科書 >>